妊娠しやすい体づくり

妊活 初めて

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。タイミングを見計らって努力しても、出来ない時は出来ないのだと感じました。親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。排卵誘発剤の服用を始めると、早々に妊娠が発覚しました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。例えば、葉酸です。妊活中の時から葉酸を摂取するように、と雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。胎児が健やかに育つために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。野菜を十分に摂れない時は、サプリを服用するのが良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。二児の母です。妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。長男が生まれていましたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。